慣れてきたら使いこなしたい会計ソフトの機能とは?!

表計算ソフトとの連携をする

表計算ソフトは非常に便利なソフトです。セルに数字やデータを入力し、計算式なども入力できます。数字データなどを元に自在にグラフなども作成できます。会計ソフトの中にもグラフ機能などが備わっているものがありますが、自分の好みに作成できないものもあります。少し慣れてきたなら、表計算ソフトとの連携をしてみましょう。インポートは所定の会計データをテキストファイルとして出力してくれます。後はそれを表計算ソフトで開き加工するだけです。エクスポートは逆にデータを会計ソフトに取り込みます。会計ソフトで入力するのが面倒な仕訳などを表計算で作っておき、後はエクスポートすれば簡単に入力ができます。表計算の自動化機能などを使えばより簡単に使えるようになります。

経営分析をして経営に役立てる

会社の運営をするなら売上や利益をどんどんアップさせたいでしょう。しかしただ営業活動をしていても売り上げは上がりませんし、経費がかかれば利益は減ります。会計ソフトは、利用したての頃は単に入力をして元帳や試算表を出力するなどにしか使わないかもしれません。慣れてくればより高度な機能を使うようにしてみましょう。経営分析機能がついていて、過去のデータとの比較や予算との比較ができます。過去よりも売り上げが上っていないのが分かればより営業活動に励むでしょう。過去よりも経費が掛かっているのが分かればその原因を分析してかからないような努力ができます。経営分析機能を使えば、売上や利益をアップするための情報が得られます。

© Copyright Run On Payroll. All Rights Reserved.