会計ソフトを変える時に気を付けることとは?!

過去のデータを取り込めるかどうか

会計ソフトはいろいろな会社が販売しています。古くから知られているソフトもあれば、新たに登場した会社が出したり、自社で開発して使っているところもあるかもしれません。基本的には日常的な経理情報が入力でき、必要な資料が出力できれば利用できます。しかし最近は分析できる仕組みを利用するユーザーも多くなっています。過去のデータと比較して、売上や経費がどうなっているかを調べられる機能です。会計ソフトはいろいろな会社が毎年のように使いやすいソフトを出しているので、別のソフトに乗り換えたいと思うかもしれません。その時は過去のデータを取り込めるかどうかがポイントになります。取り込めれば分析が可能になります。できなければ分析がしにくくなります。

科目コードが取り込めるかどうか

経理においては、取引ごとに仕訳を作成します。借方と貸方に該当する勘定科目設定して日付、金額、摘要などを入力しておきます。手書きであれば勘定科目はもちろん手書きになりますが、会計ソフトを利用するときは科目コードと呼ばれるコードで勘定科目が認識されます。事前に登録をしておき、仕訳をするときには科目コードを呼び出して登録をしていきます。実際は呼び出す感覚なく使えるソフトが多いです。会計ソフト毎に科目コードの仕組みが異なるときがあります。となると、会計ソフトを乗り換える時に勘定科目の初期設定を一から行わなければいけなくなります。互換性のあるソフト同士であれば、前の科目コードのデータを取り込めるので、楽に初期設定ができます。

© Copyright Run On Payroll. All Rights Reserved.